2021/2022ショーシーズンに関して(アイソテッド・エリアのルール適応の延長)

TICAの理事会は、2021-2022年のショーシーズンに関して昨年度に引き続き
2021年5月1日から2022年4月30日までの間に開催される すべてのTICA公認のショーを
アイソイテッド・エリア(孤立地域)」のルールにて運営することとしました。
207.1.1 タイトル取得の条件(緩和の継続)
・取得済みの点数(ポイント)は持ち越し可能です。
・2019−2020年のショーに出陳された猫のタイトルもスタンディング・ルールに則って再計算されるものとします。
207.1.1.2
・2020年5月から2022年に出陳された猫のタイトルは全てアイソレッド・エリアのルールにて点数計算がなされます。
・タイトル獲得猫のオーナーには2022年の年度末に本部よりタイトル獲得のお知らせをお送りする予定です。
・2021/2022ショーシーズンに向けてオルタネイティヴ・フォーマットのショー開催許可に関しては、
 アイソテッド・エリアのルールに従い 各リージョンのダイレクターにより自動的に付与されます。
(以上、2021年3月10日スペシャル・ボード・ミーテイングで決議された事項です)
下記は2020−2021年度にお知らせしたルール変更の内容となります。(ご参照ください)
1.タイトルの要件緩和:
(スタンディング・ルール 207.1.1.1.2 アイソイテッド・エリア:チャンピオン HHP のタイトル獲得のための要件)
CH CHA MS 2人の審査員から150点+ファイナル1回入賞
GRC GCA GRM 500 点とファイナル3回入賞(SPリングの場合は上位5位までに、ABリングの場合は順位に規定無し)
DGC DGCA DGM 1000 点+ファイナル1回入賞(SPリングの場合は上位5位までに、ABリングの場合は順位に規定無し)
TGC TGCA TGM 1500点+ファイナル1回入賞(SPリングの場合は上位5位までに、ABリングの場合は順位に規定無し)
QGC QGCA QGM 2000点+ファイナル1回入賞(SPリングの場合は上位5位までに、ABリングの場合は順位に規定無し)
SGC SGCA SGM 3000点+ ベストキャットを獲得(QGC/QGCA/QGMのタイトルを獲得後)